どくだみ酒の作り方

どくだみ酒
生のどくだみ青汁は効果的ですが、青臭いニオイがきつく飲みにくいという致命的な欠点があります。そんな時はどくだみ酒を作ってはいかがでしょうか?

どくだみ酒の作り方

どくだみの開花する時期は成分が多く含まれまので、この時期に採取したどくだみを2~3週間ほど日干しして乾燥させ、水分や臭みをしっかりとって下さい。臭みがとれないままお酒につけこむと、いつまでもいやな臭いが残り、飲みづらくなってしまいます。

  1. 開花時のどくだみ500グラムをきれいに洗い、2~3週間乾燥にさせる。
  2. 乾燥したどくだみは細かく刻んでおく。
  3. 広口のびんを用意して、(2)の乾燥したドクダミをいれます。
  4. その中にホワイトリカー(35度)を入れてつけこみ冷暗所に保管する。
  5. 約2週間で飲めるようになりますが、3ヶ月くらいおいたほうが効果が高まります。
  6. できだどくだみ酒をこして、保存用のびんに小分けしておくと便利です。

どくだみ酒を飲む量ですが、1日50ミリリットル程度が適量でしょう。水や湯で割ってもよく、飲むときにハチミツなどを好みによっていれます。

子どもにはこの3分の1位が目安です。また治療が目的の場合は、通常の倍くらいの量を飲むとさらに効果的です。

どくだみ酒の効果

どくだみ酒は、湿疹やニキビ、はれものなどへの効能のほか高血圧・糖尿病への効果があり、便秘を解消する効果もあるとされています。