どくだみの花

どくだみジュース

生のドクダミの臭いからは想像もできない、果物のような美味しいどくだみジュース

スポンサードリンク

生のどくだみ青汁は効果的ですが、青臭いニオイがきつく飲みにくい(飲む気にはなりませんよねぇ…)という欠点があります。そんな時はどくだみジュースを作ってはいかがでしょうか?

生のドクダミの臭いからは想像もできない、果物のような美味しいどくだみジュースができあがります。冷蔵庫で保管すれば、半年くらいの保存もききます。

どくだみジュースの作り方

新鮮などくだみを採取できればしめたもの。作り方は簡単です。できれば花が咲くまでの4月~7月までに採取するのが、葉汁の量が多く、どくだみジュースを作りやすいでしょう。

(1)採取したドクダミの葉や茎を水でよく洗います。

(2)ジューサーにかけ青汁をつくります。

(3)この青汁5~6に対して、蜂蜜1の割合(お好みでよい)で混ぜる。

(4)広口びんに入れ布でふたをし冷暗所におきます。

(5)2ヶ月位して味がリンゴ酒のようになったら、飲めます。

さらに1ヶ月くらい置いておくと、上面にカビがはえてくるのでそっとカビを取り除き、底の沈殿物があがってこないように注意しながら上澄みのジュースの部分を別のびんに移します。

生のドクダミの臭いからは想像もできない、果物のような美味しいどくだみジュースができあがります。冷蔵庫で保管すれば、半年くらいでしたら保存もききます。

どくだみジュースの効果

どくだみの花言葉は「野生」「白い追憶」

どくだみジュースは、食欲増進、冷え性、低血圧、貧血、不眠、疲労回復などに効果があるとされています。

スポンサードリンク

ページトップに戻る